ホーム > 空調衛生設備って?

空調衛生設備って?

「地球をみんなで考える時代」快適で安全な環境を作る設備

箱から施設に

広々とした建物でも、冷暖房設備がなく、まして水や電気が使えないとすれば、それはただの箱に過ぎません。空気、水、熱の組み合わせによって最高の施設に変わります。

上記図は、事務所ビルの施設内容を簡素化したものです。空気調和(冷暖房)、換気、給排水、衛生、消火施設等です。他にも各種工事において、その製品の性格上、温湿度防塵管理が必要ですし、病院、研究所等にある手術室、クリーンルームでは、無菌無塵状態の環境が求められています。コンピュータールームでは、コンピューター自身の熱を排し、一定の温度湿度にしなければコンピューターは、正常に機能出来ません。

これらはほんの一例に過ぎません。建物毎に必要なニーズを組み合わせを(施工)をすることによって初めてお客様により快適な空間を提供出来るのです。

”設備って”少しはご理解していただけましたか。


管工事業、完成工事高の推移


建設工事に占める管工事の割合(建物別)

管工事業の完成工事高の1960年代からの推移(現在その規模は約8兆円)及び建設工事の中に占める割合にもみられるように、その需要の高まりは大きなものがあります。又、その質も、生活空間からコンピューター等のための機械空調まで高度化が計られております。

「より快適な空間」がもとめられるその期待に答えるべく”高度精密”そして、”地球環境"を意識した技術の開発が進められているのです。

ページトップへ

  • 空調衛生設備って?
  • 会員企業一覧はこちら
  • 関係団体リンクはこちら
  • 入札情報リンクはこちら